小顔計画

~私が小顔になるまで~

小顔アイテムの化粧水でむくみのお悩みを解決

   

化粧水のつけ方で小顔になれる

女性なら、毎日、洗顔後に化粧水や乳液を顔に浸透させていきますよね。

普段、何気なくつけている化粧水ですが、皆さんは、どのようにつけていますか?

化粧水を、何も考えずにつけていませんか?

意外と知られていないのですが、「小顔によく効く化粧水のつけ方」というものがあります。

化粧水のつけ方一つで、小顔になる事ができるという事はご存知でしたか?

小顔対策したいという方にとっての、化粧水の効果的なつけ方には、いくつかのコツがあります。

そのコツやポイントさえ抑えていれば、毎日洗顔後に、効率良く小顔対策をしていく事ができるのです。

化粧水のつけ方のポイント

化粧水のつけ方にはポイントがあります。

化粧水の量は、手のひらに500円玉くらいを目安にして下さい。

また、コットンを使っていつも化粧水をつけているという方は、量をけちる事なく、化粧水をたっぷりとコットンに含ませてお顔によく馴染ませて下さい。

コットンを使うと、どうしてもコットンが化粧水を吸収してしまうので、手のひらで化粧水をつけるよりも、大量に化粧水を使ってしまいますが、量をあまり費やしたくないからといって、けちらないようにしましょう。

もしも化粧水を一度に大量に費やしたくないのであれば、手のひらにつけ、しっかりと馴染ませるようにつければ大丈夫です。

手の温もりによって、化粧水もそれだけ浸透しやすくなっていくのです。

アヒル口でつけよう

化粧水をつける時は、アヒル口になり、風船のように頬を膨らませてつけると、小顔にとても効果的です。

アヒル口で風船のように頬を膨らませる事で、普通にしている時にはつきにくいシワの部分にも、化粧水が浸透され、ほうれい線などが緩和され、小顔に見えるようになっていくのです。

ほうれい線をつまむ

化粧水をつける時に、効果的に、ほうれい線に働きかける事ができます。

シワに沿って、つまむように化粧水を伸ばしてつけてみて下さい。

これだけで、小顔対策になるのです。

 - 小顔の研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
骨格によっては小顔矯正が効果あり

小顔になれない原因 自分の顔の大きさに悩むという方は、とても多いです。 小顔にな …